www.blasketislandsschoolofart.com
直接でないクレジットカード使用の方法はたやすいです。クレジットにおいてストレートに払えない品物をダイレクトに支払うという事ではなく、間接的に注文する方がよりよいでしょう。理屈が明快という理由で、先にギフト券のモデルを用いて解説してみたいと思っています。個人が有名な銘柄の財布を手に入れたいと思って立っています。手に入れたい素晴らしい服を売っているお店購入しようとしてもクレジットで支払う事が許されていません。けれどもVISA、American Express、Diners clubなどの金券でなら支払いを認めてくれるのです。ですから例になる女性はクレジットカードを使用してギフトカードを注文してしまってギフト券を売っているショップにおもむきカードを使ってVISA、MasterCard、Diners clubなどの券を買い付けしてみます。そのあと利用したクレジットを利用して買ったVISA、Diners clubなどの金券を売店に所持して訪ね購入したかった有名なカバンを購入したとします。「なぜ金券で購入した個人はそうした手の込んだ事をする必要があるの?」と疑う事もあるかもしれませんが、実は解説した方法を用いるなら実際だったらつく事がないクレジットポイントが貯まります。通常、キャッシュを支払う事で素晴らしい財布を注文したりした場合でもカードポイントは獲得できませんしVISA、American Express、Diners clubなどののギフト券をお金で購入後に駆使してもポイントは獲得できません。でも今話したケースではJCB、American Express、Diners clubなどの商品券をクレジットで注文したので、一流のカバンを購入したときと等しい分のカードポイントがゲットできるようになります。こういう事例が段階を踏んでローンを活用した事になっているという根拠で、間接的クレジットカードと言われる進め方です。