www.blasketislandsschoolofart.com
カードを機能停止する際の手続きそれ自体は全くもって簡単なことではありますが使用不可能化する手続きを行う前に考えておきたいいくつかの留意点なども理解しておくとカードの契約解除申請の作業を上手に行うことが簡単になります。気をつけるべきことを整理しましたので是非、読んで頂きたいと思います。クレジット届け出直後半年も経たずいきなり機能停止は非推奨:クレジット届け出した直後ただちに当のクレジットカードを解約してしまうと信用のない顧客などと取り扱い会社の評価において認識されてしまうなどということが起こり得ます(例えば何回にもわたって申請、契約失効というやり取りを行ったようなとき)。中でも加入ギフト券のプレゼントを得る目的である契約のケースには、ギフト券やポイントというような加入時の利点の全てを味わい尽くしたという理由で直ちに契約破棄の作業を望ましいと考えたくなってしまうような気持ちもうなずけます。そうは言っても、クレジットカード会社サイドの論理を基準にして推し量ってみればずる賢い顧客においては絶対自社ブランドの提供するクレジットカードを使って無用な損失を出したくないというように利用者を切り捨てるとしても怒ることはできないでしょう。だから、万が一契約時のプレゼント目当てでクレジットカードというものを作ったケースでも間髪入れず契約解除せずに最低でも半年、より安全を期すならば契約後1年が経過するまではそのカード自体を契約を破棄せずその後解約するということをお薦めしたいと思います。一方で申請時の限定特典ということのみにとどまらずとりあえず申請して財布に入れてはみたもののいつ使えばいいかわからないから・・・というような状況に及んでも、少なくとも6ヶ月よりも多くそのカードを所持するようにしておいてください。クレジットカードの使用者側が何となく思っているよりクレジットカードというものを事務作業等を含めて製作するときの費用や手間は避けられないものなのでちょっとでもお詫び・・・というように少し気を遣ってもらえることが出来ればお互い悪い気分にはならないだろう